2019年08月21日

死ぬまでに一度は行きたい超絶景温泉宿

 今回ご紹介するのは石川県の最先端にある「よしが浦温泉 ランプの宿」です。
この温泉は芸能人の方がお忍び旅行でくるなどとても人気のお宿ですので運が良ければ芸能人の方に会えるかもしれませんね(^^♪

 それではまず初めに簡単に「よしが浦温泉 ランプの宿」の歴史をご紹介します。
この「よしが浦温泉 ランプの宿」は天正6年(1578年)に創業したとても歴史の深い温泉宿です。またあまりにも入り江ギリギリなうえ背後が崖という立地上大規模な改装工事はされておらず部分的な改築を行っています。そのため約400年経った現在も母屋の柱は当時のものをそのまま使っているのだとか。なのでこのお宿に泊まると当時の趣を感じ取ることができます。 
DSC_0039-s.jpg
 では温泉についてですが、この「よしが浦温泉 ランプの宿」の温泉の泉質はナトリウム塩化物泉です。この温泉は浸かることはもちろん指定の場所の温泉であれば飲むことも可能です。今回はそれぞれの効能についても詳しく紹介します。
 まず、浸かることで神経痛や切り傷・やけどの他疲労回復や冷え性等の効果が期待できますので日頃の疲れなんか温泉に流れていってしまいますよ(^^♪
そしてもう一つ飲むことで腎臓病や高血圧症・むくみに効果があるとされていますので該当の症状の方は是非飲んでみてくださいね(^^♪
 またこのナトリウム塩化物泉は体の芯まで温まり、保湿効果も期待できるので湯上りの肌はしっとりすべすべ❕女性の方に喜ばれる泉質ではないでしょうか?
DSC_0804.JPG
この他にもこの「よしが浦温泉 ランプの宿」には腐らない水が沸いているといわれていてこの水は「百年水」と呼ばれています。この「百年水」は明治22年(1889年)に汲んで保管したところ現在も飲めるという検査結果が出ているほど貴重なもののため現在は約1億2,000万円の価値がついているというのですから驚きです。
 その他にも能登独特のスローな時の流れを感じながら温泉を楽しめるのが、このお宿の魅力でもあるので是非一度足を運んでみてください(^^♪

 今回ご紹介した「よしが浦温泉 ランプの宿」ですがその他にもパワースポットや料理などをご紹介した記事もございますので気になる方は是非チェックしていただけるとうれしいです(^^♪

posted by HappineseIncrease at 01:53| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください